忍者ブログ
てくてく てくてく 歩いてく。 駆け足やめて、てくてく てくてく。

* admin *  * write *  * res *
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



野村萬斎さんの「国盗人」をみてきました。

W.シェイクスピアの「リチャード三世」を
ジャポネスクにして、さらに狂言と新劇とエンタメをあわせたような舞台でした。

一番最初は
白石加代子さんの新劇風な登場で「夏草や兵どもが夢の跡」の一言で始まり
野村萬斎さんの狂言での科白一気に吸い込まれてしまいました。

野村萬斎さんの迫力は噂どおりすごかったです。
声も目も空気も力強く、
緩めるのも引き締めるのも自由自在。
言葉遊びで韻を踏んでみたり・・・。

特筆すべきは、
野村萬斎さん演じる「悪三郎」の影を演じていらしたじゅんじゅんさんとおっしゃる方。
全身黒を基調とした衣装で、カーテンコールまで顔は一度も見えないのですが、
惹きつけられます。
その方が、舞台上のどこかに現れるともう、目はそちらを追ってしまうほどです。

腰の落とし方、手の動き、足の運び、目線の動かし方、首の角度・・・

まだまだ色んなものが観たい!!




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
影の存在感
私も影の登場のインパクトが目に焼きついてるよ。
そして、あの振り返った瞬間どきっとした。

野村萬斎さんすごかったね。
緩めるのも引き締めるのも自由自在。
ってぴったり☆

同じ時間を共有できる喜び。
生の舞台ならではの、贅沢な時間と素敵な空間だったね~。
patra 2007/07/28(Sat)14:19 編集
ありがとう。
チケットが取れない時点で諦めていたのよ。
ありがとう!!
萬斎さんの艶っぽさもほんとステキだったね。

patraっちの書いていた”黒目の動きまで迫力あった”
うん。そうだった。
舞台から私の席まで近いほうではなかったけど、
眼光鋭くドキリとしたよ。

誘ってくれてほんとありがとう!!


てくてく。 【2007/07/30】
無題
水と油の方ですね。
http://www.mizutoabura.com/
キリコ 2007/07/28(Sat)21:50 編集
あ~
そうだったんですね。
『水と油』さんの噂は聞いたことがあったのに見たことなかったんです。
うわぁ。
ますます見たくなってきたぁ。
てくてく。 【2007/07/30】
無題
じゅんじゅんって、水と油っていうダンスユニットの主催の人ちゃう?そうか、すごいか。関西きたらみたいね。
ともしよ 2007/07/29(Sun)05:46 編集
みんな詳しい・・・
ともしよくんも知っていたのね。
無知をちょっと恥ずかしく思います・・・。

うん。ほんとすごいよ!!
ぜひ観て!!関西に来るって噂聞いたら私にもぜひ教えて!!
てくてく。 【2007/07/30】
無題
うん、ええもん観ましたねえ(^o^)
おねい 2007/07/29(Sun)23:18 編集
びっくりしました。
お会いできると思ってなかったので、劇場でお会いできて嬉しかったです。

”やっぱりイイ女はイイ物を知っているんだぁ・・・” っと
おねいさんの後姿をみつめてしまいましたわ
てくてく。 【2007/07/30】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[06/23 エミリー]
[05/08 きんぴら]
[05/01 いけやん]
[04/26 MASA]
[04/05 水織]
プロフィール
HN:
てくてく。
性別:
女性
自己紹介:
お芝居やってます。
バーコード
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: てくてく歩く All Rights Reserved