忍者ブログ
てくてく てくてく 歩いてく。 駆け足やめて、てくてく てくてく。

* admin *  * write *  * res *
[84]  [83]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
<<07 * 08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  09>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

            
今さら?ようやく()見ました。DVDで。

ストーリーは、
昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子。
20代で教師をクビになる。
家を飛びしソープ嬢になる。
ヒモを殺害して刑務所へ。
と転落していく。。。

愛されたくて、愛したくて、今目の前にいる彼のことだけを信じて進むだけ。
なのにいつも「なんで?なんで?」。

ひとりの女性の転落の物語。

ん~。
映像がすごい!!CGがふんだんに使われ、鮮明で鮮やかで、きらびやか。
時間経過を表したり、何かの経過を表すときには、
ふんだんに歌と踊りでミュージカル仕立てで進めてしまう。
でも、家族との話はしっかり落ち着いたトーンで魅せてくれる。
女性の一生は花と同じだからと、
ふんだんに花が使われているのもステキ。

豪華キャストをちょろちょろっとだけ使ったり、
後半の肉襦袢ですっかり別人のようになった姿を中谷美紀さんがされているのも、
「まだ、私できる」と思える妹との空想のシーンもすばらしい。

でも、でも、見ていて苦しかった。
「壮絶な人生が描かれているのに、笑える」等と言われていたけど
私は笑えなかった。
コミカルにされればされるほど、苦しくって、辛くって。


終わった後、なぜだか『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を思い出した。


あっ!!
アルゼンチンババアの鈴木京香さんのされていたアルゼンチンババアって
ラストシーンちかくの松子さんみたい(ちょっと行きすぎかな)な感じが私のイメージでした。

なんだかようやくすっきり。かも。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
無題
 これ、去年観に行きました~^^
 TBさせていただきますね。

 私もあんまし笑えなかったです。
 あえて言うなら、前半は「失笑」でしたが^^;;
 途中からは涙ボロボロで、止まりませんでした。
 中谷さん、体当たりでしたね。

 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」もせつなすぎましたね。。
 好きな映画ではあるんですけど・・・。
miyukichi URL 2007/07/24(Tue)01:47 編集
ですよね。
うん。ほんと笑えない・・・。
でも、
片平なぎささんのめっちゃ多い出番にはウケちゃいましたけどね

> 中谷さん、体当たりでしたね。
ほんとすごかったですね。
役者冥利につきるって感じですねぇ。
この作品が完成してからよくTVに宣伝の為出ていらしたけど
監督が厳しかったそうでかなりやつれていましたよね。
この物語で、入り込んでやっていて、
監督にきつくされていたらそりゃぁやつれるよ って思っちゃいました。
ほんとに、ほんとに。

> 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」もせつなすぎましたね。。
> 好きな映画ではあるんですけど・・・。
はい。終わってからしばらく私も動けない、話せないでした。
すごかったぁ・・・。

TBありがとうございました。
みにいかせてもらいますね!!
てくてく。 【2007/07/25】
気になりながら
私は見てません。なんか、悲惨そうで、見るのがおっくうやったけど、やっぱり。
 でも、お芝居やってるなら、見とかなあかんやろね。
上方リリコ 2007/07/24(Tue)21:20 編集
う・・・
> でも、お芝居やってるなら、見とかなあかんやろね。
どうなんでしょうねぇ?
松子役の中谷美紀さんは、役者冥利に尽きるようなステキな役でした。
「こりゃぁ、お芝居上手くなっちゃうわ」って思いましたもん。

映画をみて、原作本読みたくなりました。
なんだか、たくさんの取りこぼし、拾い損ねがあるような気がしてならないんです。
読んだら気分が落ちちゃうかしら・・・。
てくてく。 【2007/07/25】
無題
同感です。初めは、小説で読んで、映画になったら、どんなのかな?と思ってましたが・・・
とっても切ないです。

「ダンサーインザダーク」も、何処が感動??
かわいそうで、泣きっぱなしでした。

月並みですが、ハッピーエンドがいいですよね。
みい 2007/07/24(Tue)22:02 編集
みいさんだぁ。
お久しぶりです
お元気でした?来ていただけてとっても嬉しいです。
お仕事忙しいですか?また、お時間できたらブログまた更新してくださいね。
みいさんのブログ更新されるの楽しみにしてますね。


キャー小説読まれたのですね。
いいないいな。どんな感じでした?
私も読んでみようかなって思ってるんです。よかったら感想聞かせてください

はい。とっても切なかったですねぇ。
なんともいえない気持ちになっちゃいましたねぇ。

>「ダンサーインザダーク」も、何処が感動??
>かわいそうで、泣きっぱなしでした。
私もダダ泣きで、ラストは絶句でした。
オープニングでは美女には見えなかったビョークがラスト近くになると
美しく、愛しく感じましたねぇ。
そのこととやっぱり歌には感動でした。
でも、もう一度見る勇気はなかなかないです・・・

>月並みですが、ハッピーエンドがいいですよね。
いいですね。
私は、これからハッピーに向かっていけるかも知れないって思えるのが好きです
てくてく。 【2007/07/25】
好きな映画
僕も去年かな、DVDを借りて見ました。
テレビで見た『下妻物語』が印象深かったから。

僕が男だからか、自分が辛いとか苦しいという感じはなかったのですが、思いだすたび愛しい(かなしい)気持ちになります。歌も踊りも台詞も素敵で、好きな映画の一つです。DVD特典で、監督含めたスタッフが、実況解説しながら自画自賛してるもの馬鹿らしくて好き。
比古 2007/07/24(Tue)22:24 編集
比古さんも観られましたか?
『下妻物語』私見れてないんです。
こちらもかなりのインパクトらしいですねぇ。
でも、機会があればと思いつつ今日まで・・・。
薦めてくれます?

>DVD特典で、監督含めたスタッフが、実況解説しながら自画自賛してるもの馬鹿らしくて好き。
最近おおいですよね。
私も結構好きです。その実況中継とか。裏話満載だったりしてね

最近見たものとかでお薦めあったら是非教えて下さい!!
てくてく。 【2007/07/25】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
嫌われ松子の一生 [Movie]
 映画「嫌われ松子の一生」(中島哲也:監督)  を観てきました。  嫌われ松子の一生 通常版アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  松子の壮絶きわまる波乱万丈な人生については、  話題にもなったので、アウトラインくらいは  知ってる人も多いでしょう。  最初は、「なんじゃ、こりゃ」でした。{/face_hekomu/}  まず最初の事件ともいうべき盗難騒ぎの顛末が、  あまりにハチャメチャすぎて、  どう頑張っても、「同情しなくもないけど・・・」がせいぜいで、  感情移入なんて...
URL 2007/07/24(Tue)01:43:40
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/23 エミリー]
[05/08 きんぴら]
[05/01 いけやん]
[04/26 MASA]
[04/05 水織]
プロフィール
HN:
てくてく。
性別:
女性
自己紹介:
お芝居やってます。
バーコード
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: てくてく歩く All Rights Reserved