忍者ブログ
てくてく てくてく 歩いてく。 駆け足やめて、てくてく てくてく。

* admin *  * write *  * res *
[45]  [44]  [43]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [32
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



大人の映画。

母と娘 女 のお話でした。
強くて、危うくて、脆く、逞しい女達の話。

ペネロペ・クルスがステキ!!
かわいらしい女性のイメージから一転
スペイン語でのこの映画では力強く、逞しい母親でした。

ライムンダ(ペネロペ・クルス)を中心に
娘のパウラ(ヨアンナ・コバ)、
ライムンダの10代の頃に火事で亡くなった母イレネ (カルメン・マウラ)、
ライムンダの姉ソーレ(ロラ・ドゥエニャス)
ライムンダの里親であり伯母(チュス・ランプレアベ)
その伯母の世話をしてくれている親友のパウラ(ヨアンナ・コボ)
この6人ともがカンヌ国際映画祭で女優賞に輝いたというのも 納得できる。

スペイン映画を観るのが多分初めてなので
スペイン映画の作風なのか、この監督の作風なのかわからないけど
とっても、ずっしり重たい雰囲気で始まる。
ちょこちょこ”ニヤリ”となるシーンや言葉遊びを交えながら物語は進む。

心の葛藤や苦悩の末の和解。

母だからこそ許せなかったこと、知って欲しかったこと
だからこそ、娘にしてあげたかったこと。。。


突然きた映画の終りに
一瞬びっくりしたけど、余韻を残すとってもステキな終わり方。

大人のいい映画でした。


『ボルベール』
スペイン語「戻る・繰り返す」から「帰郷」



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
ペネロペ☆
めっちゃきれいでセクシーやった(〃∇〃)☆
重い内容やったけど暗い気持ちにならない不思議な映画やった!
 

ビスコとかいろいろアリガト♪
ちゃっちゃん 2007/06/14(Thu)15:07 編集
ほんまやねぇ。
スタイルもめっちゃいいし、キレイやっったね。
さらにめっちゃ歌上手かったね。

>重い内容やったけど暗い気持ちにならない不思議な映画やった!
うんうん。
MCの人言ってなかったけど、
『ボルベール』は「戻る・繰り返す」って意味もあるんだって。
ちょっと納得やんね。

こちらこそ、先に並んでいてくれたり、
清水に連れて行ってくれたり、ありがとう。
またあそんでね。
てくてく。 【2007/06/14】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[06/23 エミリー]
[05/08 きんぴら]
[05/01 いけやん]
[04/26 MASA]
[04/05 水織]
プロフィール
HN:
てくてく。
性別:
女性
自己紹介:
お芝居やってます。
バーコード
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: てくてく歩く All Rights Reserved