忍者ブログ
てくてく てくてく 歩いてく。 駆け足やめて、てくてく てくてく。

* admin *  * write *  * res *
[239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [231]  [230]  [228]  [229
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

芝居の稽古にはいると、知らないうちにいろんなものが入ってくる。

自分が本来持っていた感覚と同時に、今度自分が与えられている役の感覚や感情も。

なので、いくつもの想いがかけめぐったりすることも。

それに、救われたりすることも多い。

マイナスへ引っ張られることはあんまりないかな。

そんな時は、”あぁ~。今度の役の○○さんならこう思うのかもな”って思う。




なんとも勝手だ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
役に引っ張られる
 別に勝手ってことはない、と思いますが。
 古典のグランドオペラ(オペレッタやオペラブッファを除く)は、形式として「悲劇」なので、ヒロインはみな、悲劇的な運命を辿ります。
 マリア カラスは、そんな役ばかり、迫真の演技で演っていたせいで、不幸だったのかな、と思うことがあります。
上方リリコ 2008/05/13(Tue)18:08 編集
勝手かなって思ったのは・・・
都合のよいとこだけ役にもらおうとしてたのでつい

そうなんですね。オペラは悲劇が多いのですね。
その悲劇の中、細い光を見せてくれるのがステキな歌い手さんなのかもしれませんね。
悲しい歌を聴いて悲しいだけでなく、なにか違うものもいただけるきがしますもん。
てくてく。 【2008/05/17】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/23 エミリー]
[05/08 きんぴら]
[05/01 いけやん]
[04/26 MASA]
[04/05 水織]
プロフィール
HN:
てくてく。
性別:
女性
自己紹介:
お芝居やってます。
バーコード
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: てくてく歩く All Rights Reserved